プロフィール

「​山を心から愛しています」

山登りが初めての人にも、山の楽しさを感動を届けたくて、「初心者向けの山旅ツアー」や「面白い・役に立つ山情報」をお届けしています!

earth trekking代表 あいかな

\ Follow me /

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

青空と雪に包まれたスノーハイク。日光名瀑の冬の姿「氷瀑」に迫る!!



冬の山と言えば「雪崩とか吹雪とか、ちょっと危険(怖い)?」なんて思っていませんか?


実は、山を選べば安心して雪景色を楽しむ事ができるんですよ!


今回ツアーで行ってきた、奥日光(戦場ヶ原〜小田代ヶ原)平坦な雪道が多いので、ハイキング程度やお子さんと一緒でも楽しめます!!


今回は、初心者さん向け冬の山の楽しみ方と、冬の三代絶景「氷瀑」の魅力に迫ります!!



本日のルートはこちら☝︎


戦場ヶ原から小田代ヶ原へ向かい、地図にない「庵滝」という氷瀑を見にいきます!!


戦場ヶ原は、栃木の百名山「男体山」の複数回に及ぶ噴火によってできた湿地です。国際的に湿地の生態系を守ろうという「ラムサール条約」に登録されています。



「赤沼」という駐車場から、戦場ヶ原に入っていきます。この日は天気も良いせいか、車が並列駐車で数多く止まっていました。


例年なら、冬の戦場ヶ原は人気で赤沼の上にある「三本松茶屋の駐車場」もいっぱいになるくらいです(笑)


因みに、三本松駐車場から赤沼の入り口まで歩くと10〜15分程度です。



到着したら、先ずはアイゼンを装着します。

「アイゼン」とはなんぞや?


という方に簡単に説明すると『アイゼンとは、氷や雪の上を歩くのに滑り止めとして、金属製の爪(歯)がついた冬の登山道具です』 


靴底に装着して使用します。


冬はどんな山にも欠かせないアイテムです!


今回の雪状況だと、チェーンスパイク(アイゼンより軽量で簡易的なもの)か、アイゼン4〜6本爪で十分です。もちろん、スノーシューでもOKですが、アイゼンは必ず持って行くことをオススメします。


「小田代ヶ原」を目指していざ出発!!


・・・と思いきや、なんだかカメラを持った人が大勢、木の下に集まっています。


んん・・・。