プロフィール

「​山を心から愛しています」

山登りが初めての人にも、山の楽しさを感動を届けたくて、「初心者向けの山旅ツアー」や「面白い・役に立つ山情報」をお届けしています!

earth trekking代表 あいかな

\ Follow me /

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

青空と雪に包まれたスノーハイク。日光名瀑の冬の姿「氷瀑」に迫る!!



冬の山と言えば「雪崩とか吹雪とか、ちょっと危険(怖い)?」なんて思っていませんか?


実は、山を選べば安心して雪景色を楽しむ事ができるんですよ!


今回ツアーで行ってきた、奥日光(戦場ヶ原〜小田代ヶ原)平坦な雪道が多いので、ハイキング程度やお子さんと一緒でも楽しめます!!


今回は、初心者さん向け冬の山の楽しみ方と、冬の三代絶景「氷瀑」の魅力に迫ります!!



本日のルートはこちら☝︎


戦場ヶ原から小田代ヶ原へ向かい、地図にない「庵滝」という氷瀑を見にいきます!!


戦場ヶ原は、栃木の百名山「男体山」の複数回に及ぶ噴火によってできた湿地です。国際的に湿地の生態系を守ろうという「ラムサール条約」に登録されています。



「赤沼」という駐車場から、戦場ヶ原に入っていきます。この日は天気も良いせいか、車が並列駐車で数多く止まっていました。


例年なら、冬の戦場ヶ原は人気で赤沼の上にある「三本松茶屋の駐車場」もいっぱいになるくらいです(笑)


因みに、三本松駐車場から赤沼の入り口まで歩くと10〜15分程度です。



到着したら、先ずはアイゼンを装着します。

「アイゼン」とはなんぞや?


という方に簡単に説明すると『アイゼンとは、氷や雪の上を歩くのに滑り止めとして、金属製の爪(歯)がついた冬の登山道具です』 


靴底に装着して使用します。


冬はどんな山にも欠かせないアイテムです!


今回の雪状況だと、チェーンスパイク(アイゼンより軽量で簡易的なもの)か、アイゼン4〜6本爪で十分です。もちろん、スノーシューでもOKですが、アイゼンは必ず持って行くことをオススメします。


「小田代ヶ原」を目指していざ出発!!


・・・と思いきや、なんだかカメラを持った人が大勢、木の下に集まっています。


んん・・・。


んんん?!!


なんと良く見ると、赤い尾が美しい野鳥がいます!!


「緋連雀(ヒレンジャク)」です。


皆さんは、この野鳥を撮影していたのですね!


動画を撮っている方もいました。


緋連雀は、非常に珍しい野鳥でして「4~5年に1度に群れで飛来することが多い不定期な冬鳥」です。


✳︎✳︎ 緋連雀(ヒレンジャク)の生体 ✳︎✳︎


夏はシベリアやカムチャッカ半島などで繁殖し、秋の深まりとともに飛来するそうです。


日本中に飛来するけど個体数は少なく、4~5年に1度、群れで飛来することが多い不定期な冬鳥です。渡りの途中で木の実が少ないと、日本にたくさんのレンジャク類が渡ってくることがあります。


そんな年を、野鳥ファンは「当たり年」と呼ぶほど稀なことだそう。当たり年になれば、時々、市街地にも姿を見せてくれるそうです。


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎




こんな貴重な野鳥をスタート時に見れるとは・・・。


うーーん


なんて、幸運なスタートだろう(笑)


今日は天気も良いし、雪もモフモフだし幸せですなー




途中、大きな橋を渡ります。


下には「湯川(ゆかわ)」が流れています。

橋から見る湯川と雪がいつも美しいと感じます。


この水は、ここより更に北にある「湯の湖(ゆのこ)」から来ており、「湯滝(ゆたき)」という日光の三大名瀑の一つを経て、「湯川」に流れ込み戦場ヶ原を越え、こちらも日光三大名瀑の「竜頭の滝(りゅうずのたき)」で更に下へと流れ、最終的には日本で25番目の面積を誇る「中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)」に流れ込みます。



そう思うと、すごく面白いですよね。だって、トレッキング後に向かう温泉の前が、湯の湖なんですから。


普段はこう目の前の水がどこに行くかなんて考えもしませんが、こうやってトレッキングしている事で、得られる気づきって素敵だなと思います。

水も生きているんです・・・(ジーン)



小田代ヶ原に到着です。


お天気にも恵まれ「栃木の名山」が見渡せます!


男体山(なんたいさん:標高2486m)から、太郎山(たろうさん:標高2368m)山王帽子山(さんのうぼうしさん:標高2077m)などなど、この開けた大地から見る山は美しいですね!!


雲もなく、こうもハッキリ見れるとは。


ひと休憩しながら、この景色を目に焼き付けます。


ここで、ちょいと豆知識


実は、この写真のどこかに「小田代ヶ原の貴婦人」がいます・・・。


そうそう、彼女が眺めている真ん中らへんです。


周りの木とは違う、貴婦人感が出ていますでしょ?


実は、このお方(木)、樹齢70年のシラカンバです。


有名な写真家の宮嶋さんの著書『一本の木」という題材になったもので、朝霧たつ頃にここを訪れると、後ろにぐわーっと迫力のある男体山が聳えたちふと目をそらすと麓に、一本の白い木が浮かんでいるのです。


その美しさに魅せられた写真家が多くいるそう。


敬意を込めて、小田代ヶ原の貴婦人と言われています。



地図の最終「弓張峠」に着きました。


入り口からここまでは、休憩も含め1時間30分くらいですかね。


なので、ここまでは初心者さん同士でも、比較的簡単に歩けるのではないかなと思います。



さてさて、ここからは上級者編!!!

地図なき道を行きます!!!!


と、言うのも冗談で(笑)


ちゃんと、GPSアプリを使って位置を確認しながら進みます。


でも、山と高原の地図ではルートがないので、しっかりと地図読みが出来る、或いはある程度、山を歩き慣れている事が重要です。(人気がいなくなると、道分からなくなってしまいますからね)


ここから先は、小田代ヶ原よりも開けた道がが続きます。


前に見える、お山の麓を目指します。


ピョコんと飛び出た、丸いお山が可愛いです。


緑の木々と雪のバランスも最高です。

森の雪道って感じで癒されます。