プロフィール

代表アイコンearthtrekking.JPG

「​山を心から愛しています」

山登りが初めての人にも、山の楽しさを感動を届けたくて、「初心者向けの山旅ツアー」や「面白い・役に立つ山情報」をお届けしています!

earth trekking代表 あいかな

\ Follow me /

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【ヤマ紹介】 限りなく富士山に近い、眺望120点の毛無山とは

10月後半、下見も兼ねて、山梨県の毛無山(けなしやま)へ行ってきました。

実は毛無山、富士山周辺に3カ所あるのです!(びっくり)

今回訪れたのは、河口湖と西湖の中間にある、標高1500mの毛無山。

穏やかで静かな登山道を登っている中、背後に現れたのは、、!?





―目次―

1. 毛無山、ここにあり

2. 木漏れ日が美しい、のんびりした樹林帯

3. でっかーい富士山と、フサフサのススキに囲まれて

4. 冬の定番軽食を山で再現!

まとめ





1. 毛無山、ここにあり


富士山に近いと言っても、一体どれくらい近いのか?

地図を見れば一目瞭然!


〜Apple マップより〜


なんと、富士山まで直線距離で20km弱なんです。

車だったら30分もあれば着いちゃう近さ。


そして、近いのは富士山だけじゃない!



西湖(さいこ)河口湖(かわぐちこ)も、めちゃめちゃ近いんです。

西湖や河口湖は、富士山の噴火によってできたと言われる、富士五湖の一つ。

毛無山の麓から、西湖の綺麗なブルーがよく見えました。

この距離から富士山や富士五湖がどう見えるか楽しみ!ということで登っていきます〜





2. 木漏れ日が美しい、のんびりした樹林帯


スタート地点は、このトンネル周辺から。

(正規ルートは墓地からです!今回我々は、訳あって別ルートからスタート)



約20年前に開通したこちらのトンネル。

隣には、塞がってしまった旧文化洞トンネルもあり、新旧並べて見ることができます。



確かに、新しくてきれいかも?

トンネルを抜けた先から、スタートです。



本日はこちらから入山。

正規ルートではありませんが、5〜10分ほどで正規ルートに合流できました。



尾根に沿って、じわじわと標高を上げていきます。

森林浴にぴったりな、良いお天気。

1週間前は一気に冷え込みましたが、この日はぽかぽかしていました。

紅葉は、少し色づいてきた程度。

きっと今頃がピークなのではないでしょうか。



後ろを振り返ると、西湖がうっすら見えます。

松の合間から見えるブルーが美しい、、、





3. でっかーい富士山と、フサフサのススキに囲まれて


登りはじめて1時間が経過した頃、謎の気配を感じて後ろを振り返ってみると、



うおおおお!!

驚きすぎてつい動物みたいな声を上げてしまいました(笑)

いや、でかっ!!



拡大すると、雪肌がよく見えます。

6合目以上は、しっかり冠雪していました。



左手前側には、河口湖と富士吉田の市街がよく見えます。

まだ山頂手前ですが、今日の(気分的)ピークはここかも、、、




この辺りまで上がると、ふわふわのススキが広がっていました。



ススキに和みながら、ラストスパート!





4. 冬の定番軽食を山で再現!


ススキエリアから10分ほどで、山頂に着きました!あっという間!



標高は、ぴったり1500m。

ここからだと、富士山と同じくらいの身長に見えますね。

富士山を眺めつつ、お昼の準備です。

本日の山メシはこちら!



せいろ!!

ということで、私史上初の、蒸し料理山メシに挑戦です。

中に入っているのは、、



冬の定番!豚まんです。

コッヘルでお湯を沸かして、水蒸気で蒸していきます〜



10分ほどで完成!

ちょっと冷えてきた身体が、ポカポカになる一品でした。


ちなみに、この日は手作りと市販の2種類を味比べしてみたのですが、手作りの方が圧倒的勝利!

ということで、手作り豚まん、今後のツアーで登場するかもしれません〜

乞うご期待!





まとめ


11月に入って、低山の紅葉も真っ盛り。

今月前半は、毛無山をおすすめします!



〜fin〜