プロフィール

代表アイコンearthtrekking.JPG

「​山を心から愛しています」

山登りが初めての人にも、山の楽しさを感動を届けたくて、「初心者向けの山旅ツアー」や「面白い・役に立つ山情報」をお届けしています!

earth trekking代表 あいかな

\ Follow me /

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【ツアーレポート】岩に鎖にスリル満点◎駅近でコスパ良しな岩殿山ハイク

7月の4連休、梅雨が明け、まさに登山日和なお天気でしたね。

アストレではもちろん!ツアーに行ってきました〜〜

今回の舞台は、低山ながらもスリルたっぷりな岩殿山。

山頂ではまさかのご褒美も!?本日のコンテンツはこちら!



―目次―

1. 駅to駅でアクセス抜群

2. 大月桃太郎伝説!?

3. 絶景広がる山頂でサプライズランチ

4. 岩殿山はここからが本番です

5. 崖っぷちの天然岩盤浴

まとめ





1. 駅to駅でアクセス抜群


実は岩殿山、大月駅から歩いて行ける距離

しかも同じ道を往復ではなく、周回ルートです。

マイカー持っていない勢にとって、こんなにありがたいことはありません、、!

どれくらい近いかというと、



なんと、駅から見えるほど。(雲が被っている山です)

ということで、今回のツアーでも大月駅に集合です。

本日の参加者は6名定員MAX、盛り上がるパーティーとなりました!



登山口までは30分ほど。

さあ、ここから出発です!





2. 大月桃太郎伝説!?


登り始めて5分、「鬼の岩屋」の標識あり。

進んでみると、どーーんと大きな岩が!!

ちょっと寄り道してみましょう♪



大月には、桃太郎伝説があるんです。

百蔵山(ももくらやま)から流れてきた桃太郎が、鳥沢や猿橋、犬目で動物たちと出会い、鬼の住む岩殿山に向かったのだとか。

鬼は、この鬼の岩屋に住んでいたそうです。

今や空き家となった鬼さんのおうちに少しだけお邪魔しました。



みんなで、鬼のポーズ?

岩屋の中から外をみると、



逆シルエットというのでしょうか、外の景色が富士山型に!!

シーンとした静かさと、岩陰の涼しさと、富士山シルエットで癒されました。。


鬼の岩屋で涼んだあとは、ひたすら急登!

この日はとってもいい天気。

熱中症が心配されていましたが、登り道は意外と木陰で涼しいのです。



山の素敵なところの一つですね♪



20分ほど黙々と登っていくと、道が開けてきました。



山頂まであとちょっと!





3. 絶景広がる山頂でサプライズランチ


着きました!岩殿山山頂です。



いえーーい!

フェンスから身を乗り出すと、大月市街を一望できます〜



ジオラマみたい〜

特急が走っていると、ちょっと嬉しくなってしまいます(笑)


さて、暑い中、登りを頑張った皆さんにサプライズご褒美!

懐かしの〜クリームソーダ〜



(バニラアイス、溶けてなくて良かった…)

みんなで、かんぱーい!



アイスの甘さが疲れた体に染み渡ります〜


さて、本日のお昼は、山バーガー

事前に成型&冷凍してきたパテを焼きます。



じゅ〜…

良い音、良いにおい…



ちょっぴり蒸してから、余熱でチーズを溶かします。

とろ〜り感、美味しそううう

チーズonパテを、バンズに挟みます。



今日のハンバーガーはクラシックスタイル。

シンプルにレタス、トマトとご一緒に。

レタスもトマトも盛り放題。



あ、特製ソースも忘れずにっ



ピックを刺して、バーガー袋に入れたら完成〜!



大月の山を眺めながら、いただきます♪

自然の中で食べる手作りごはん、なんでこんなに美味しいんだ、、、

ごめんなさい、言葉では表現できないほど、美味しかったのです。





4. 岩殿山はここからが本番です


お腹もいっぱいになったし、下山?

いえいえ、岩殿山の面白いところはこれからです。

まずは1つ目の岩場。



意外と急勾配な岩場ですが、

ロープをしっかり掴んでいれば怖くありません。

続いての岩場は、鎖とスタンスが充実しています。



こういう危ないところは、三点支持で少しずつ進みます。

三点支持とは、四肢のうち3つで体を支えること。

3点で体を支えながら、残る1点で前に移動し、それを繰り返して登っていく方法です。



下を見ると、ちょっと怖いかも、、、

集中して1人ずつ、難所を乗り越えていきます。



こちらは滑りやすい下り。

ロープや木の根っこを頼りに、こちらも三点支持で進みます。





5. 崖っぷちの天然岩盤浴


難所を乗り越え、ふと振り返ると、通過した山々が。よく歩いたなぁ〜

左奥の山から右に向かって歩き、方向を変えて今度は左手前まで歩いてきました。



イベントたっぷりの岩殿山の最後を飾るのは、稚児落とし(ちごおとし)

戦国時代、お城だった岩殿山が攻められ、何とか逃げ切った城主の妻子。

ですが赤ちゃんが泣き止まず、見つかることを遅れた妻は、泣く泣く赤ちゃんを崖から落としました。

そんな稚児落としが、こちら。



断崖絶壁!これが稚児落としです。

一歩踏み出したら落ちてしまいそう、、気をつけて!

あの指差した先に、これから向かいます。



…あれ、意外と怖くないかも。

絶壁すぎて下が見えないのが、逆に良かったのかもしれません(笑)



岩が温かくて、岩盤浴のよう

ここでずっと寝てたいなぁ〜〜

なんてだらだらゆったりと、山の暑さを楽しんでました。





まとめ


スリル満点、楽しみポイント盛り沢山な岩殿山でした!

今後も岩殿山のツアー、まだまだ予定しています。

次回もお楽しみに☆



岩殿山を眺む

~Fin~