プロフィール

「​山を心から愛しています」

山登りが初めての人にも、山の楽しさを感動を届けたくて、「初心者向けの山旅ツアー」や「面白い・役に立つ山情報」をお届けしています!

earth trekking代表 あいかな

\ Follow me /

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【ツアーレポート】 見頃ばっちり◎尾瀬のプリンセス『水芭蕉』に会ってきた!


雪解けと共に開花する水芭蕉。


都会よりちょっぴり遅い、山の春の訪れを、5月末日に尾瀬で感じてきました。


本日のコンテンツはこちら!



―目次―

1. 尾瀬ってどんなところ?

2. いざ、尾瀬ヶ原へ!

3. 木道の陰から見えたのは…

4. 巷で話題の『〇〇サンドイッチ』でおしゃれランチ

5. 昼下がりの撮影会

まとめ




1. 尾瀬ってどんなところ?

【出典 尾瀬保護財団


尾瀬は、群馬県・福島県・新潟県にまたがる高原のこと。


有名な尾瀬ヶ原は、尾瀬の山々に囲まれた湿地帯。


春は水芭蕉、夏はワタスゲやニッコウキスゲ、秋は草紅葉が一面に広がります。


今回のターゲットは、尾瀬のプリンセス『水芭蕉』


バスの終点・鳩待峠から尾瀬ヶ原の中心まで、休憩含め6時間ほどのトレッキングを楽しんできました。




2. いざ、尾瀬ヶ原へ!


@鳩待峠(はとまちとうげ)


この日の天気は晴れ予報。


どんな景色が見られるのか、ワクワクドキドキ


尾瀬ヶ原方面へ、しゅっぱーーつ!!



最初はなんと下り!


「スタートは登りから」というトレッキングの一般常識を覆されました(笑)


今回のルートのほとんどが木道です。


その理由は、尾瀬の自然を守るため


歩きやすいため、ってだけじゃないんですね。


木道から出たり、踏み荒らさないように注意!


傾斜の緩やかな木道を、お喋りしながら進んでいきます〜




3. 木道の陰から見えたのは…


木道歩き、楽しいなあ〜


なんて考えて歩いていたら、、



水芭蕉 第1号!


木道の隙間から、ひょっこり顔を出していました。


かわいいーーー♡


白い花びらみたいなものは、仏炎苞(ぶつえんほう)と言って、花びらではありません。


じゃあ、本物の花びらは?というと…


なんと、真ん中のヤングコーンみたいな部分の、一粒一粒がお花だったんです!


よーく見れば、分かるかも。



しばらく歩くと、群生地に突入。


思わず足が止まります。


良いモデルがたくさん、カメラマンには堪らない〜♡



パラっと雨が降ってしまったのですが、



水滴をかぶる水芭蕉もまた美しいですね!




4. 巷で話題の『〇〇サンドイッチ』でおしゃれランチ


一時の雨も過ぎ去り、お昼の時間に。


今日のお昼は、近年話題の…だだんっ!



わわわ、映えてるーー!!


半分に切って初めて、『萌え断サンドイッチ』の完成でございます。


断面が美しくて、ボリューミーで、美味しくて、、、


山でこんな素敵なものが食べられるなんて。幸せ。



そんなサンドイッチを、挽き立てコーヒーといただきます。



コーヒー豆をミルでごりごり…


いい香り〜



お気に入りのカップに入れて、完成!


こちらのコーヒー、フェアトレードの豆を使用しています。


少しでも生産者と環境保護の力添えになれますように。


天気も心もぽかぽかの尾瀬ヶ原の中心で、美味しいコーヒーとサンドイッチ、至福のひと時でした。




5. 昼下がりの撮影会


お腹いっぱい、元気いっぱい!


写真スポットを目指して、もう少し進みます。



燧ヶ岳(ひうちがたけ)方面へ。



「木道」×「ローアングル」は最高の組み合わせです。



写真スポット①逆さ燧(さかさひうち)



ちょうどこのとき風が吹いていたので、水面が波立ってしまって、残念ながら逆さ燧は見られませんでしたが…


燧ヶ岳をバックに、みんな良い笑顔☆



写真スポット②中田代


牛首〜龍宮の間の中田代には、登山道から少し外れたところに写真スポットがあります。


尾瀬ヶ原の南西にある至仏山(しぶつさん)をバックに、水芭蕉の撮影会が始まりました。



本気カメラマンは、地に這います(笑)



マクロでとった水芭蕉。純白の仏炎苞が美しい…



残雪の至仏山も、このアングルで撮ると、のどかで素敵です。



水面から顔を出しているのもあれば、



しっかり水中で咲いているものも!たくましいですね。



たっぷり30分以上撮影会を楽しんでいるうちに、人混みのピークも過ぎたようで、木道は独占状態に。


どこまでも続く木道。


尾瀬の広さを改めて実感しました。



目の前の燧ヶ岳に別れを告げ、ここらで来た道を戻ります。


また会いにくるね〜



今日の思い出を振り返りつつ、お喋りにも花が咲いたところで、ゴールが近づいてきました。



ここまで来れば、鳩待峠まであと少し。


お疲れ様でしたー!




まとめ


豊かな自然、輝く水芭蕉、美味しいランチ。


春の尾瀬を満喫し尽くしたツアーでした!



〜fin〜