プロフィール

「​山を心から愛しています」

山登りが初めての人にも、山の楽しさを感動を届けたくて、「初心者向けの山旅ツアー」や「面白い・役に立つ山情報」をお届けしています!

earth trekking代表 あいかな

\ Follow me /

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【山知恵】冬の"風速" と"寒さ"ってどれくらい? in爆風の雪景色に心を奪われた北八ヶ岳




爆風の中、北八ヶ岳を登ってきました!


この日は、ロープウェイの頂上付近で風速14m、縞枯山の山頂は17〜18mと計測されていました。


爆風っていうからどれくらいかと思えば「体がフワッと浮きそうになる」くらいです。


そう聞くと、ヒョエーって感じですよね。


今回はちょっと簡単に、「風速」「冬の寒さ」のお話をしたいと思います。


青空が広がっていて雪とのコントラストが美しいです〜


デーモ


ひとたび、風が強まると吹雪になります(笑)

よく見ると、お顔に雪が吹き付けてます。

これが痛いのなんのって。

風速15mくらいもあると、ふわ雪も凶器です(笑)


まず、風速の基準をお話します。


① 風速10mを越えていると「注意」

→ 風に向かって歩きにくく、傘はさせません。


② 風速15mを越えていると「困難」

→ 風に向かって歩けず、転倒する人も出ます。


③ 風速20mを越えていると「行動不能」

→ しっかりと体を確保しないと転倒します。



この日は、②の風速15m前後です。

ロープウェイ付近〜八丁平の標高2233m前後付近

開けた雪原の様な地形もあって風の影響を受けやすいので、体が揺られる事もあります。


でも、風速14mくらいだと、ストック持ってしっかり歩いていればOK!



八丁平から縞枯山の展望台へと向かいました。

八丁平から縞枯山の展望台までは、樹林帯なので安全です。